Values

●色々な人がいることが自然なこと

「人間の基準」や「普通の人間」などありません。

障害の有無、体格、性別、人種、好き嫌いまで、みんな違うのが当たり前で、だから面白い、違いを大切にして認めあい、関係の輪を広げていきたい、それがメンバーの思いであり、願いです。

多様性を認める社会にこそ豊かな将来性と伸びしろがある

同じような人ばかりがいる集団は、まとまっているように見えるけれど、経験したことのない壁にぶちあたったとき、突破する新しいアイデアが生まれません。

けれど色んな人がいれば、違った発想や考えがあふれているので、予想もしなかったアイデアが見つかる可能性が広がります。

●得意なことや苦手なことで価値や権利に差ができることはない

人びとの権利や価値は、できること、できないことの差によって決められるのではありません。

どの人も存在そのものに価値があり、権利があるのです。

大金持ちだからといって貧乏な人より大きな権利や価値があるわけではありません。

Mission

「人々の多様性への理解を深めることで、全ての人が自分の可能性を最大限に発揮でき、豊かに成長できる社会を実現する」

 私たちは、今の社会は「普通の人間はこんな人」、「そうでない人は変な人」と思い込んで、誰にとっても生きづらい社会になってしまっていると考えています。

けれど人間はバラバラなことが普通なのであって、バラバラだからこそお互いに応援し合えるのではないでしょうか。

 そのことにみんなが気づくだけで、誰もが生きやすい社会になり、 誰もが元気に、豊かに成長できる社会になるのではないでしょうか。

Menu

●車いすバスケットボールチーム(SAKAIsuns)の運営

どんな人でも参加できる車いすバスケットボールチームとして「SAKAIsuns(サカイサンズ)」を運営します。

●車いすバスケットボールの体験会の開催

企業や学校等教育機関を対象に車いすバスケットボールの体験会を実施します。(場所の希望についてもご相談ください)

●講演や研修会の実施
  • 「メンバーの個性の活かし方」や「障害とは何かの理解」などをテーマに、講演や研修会を開催します。(講師の派遣も可能です)
  • 車いすバスケットボール選手、車いすのクライマー(日本選手権三連覇)などが講師を務めます。

Why wheelchair basketball

  1. 車いすバスケットボールは、足がない、動かない、動きにくい下肢障害。もしくは、健常者が選手になります。
  2. そして持ち点制(*)により、重い障害のある選手もチーム戦略に不可欠となるようルールが工夫されています。
  3. そのため必然的にチームに多様なメンバーが揃うことになるので、通常のバスケットボール以上に、各メンバーの長所と障害を深く理解し、チームを組み立てる必要が出てくるのです。
  4. このことから、車いすバスケットボールのチーム作りやチーム戦略について考えてみることで、企業等の組織がメンバー間の相互理解を深めて、よりチーム全体の生産性を高められるようにするための教育ツールとしても活用できるのです。

*持ち点制…障害に応じて選手に点数(障害の重いものから順に1.0~4.5、0.5刻み)が与えられ、コート上の選手5名の合計点数が14.0以内でなければならないとするルール。

Corporate data

法人名 一般社団法人フォースタート(force+start)
設立 2018年8月10日
代表 理事長 大内秀之

代表より

クライミングする理事長
IFSCパラクライミング世界選手権インスブルック大会でウォールを前に打ち合わせをする理事長

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

一般社団法人フォースタート理事長の大内です。

 

僕は生まれつき両足に障害があります。

苦しみ悩んだ時期もありましたが、障害があるからこそ、自分が何が好きで何がしたいか、何に好奇心を持っているかを素直に考えることができました。

 

今は車いすバスケットボールやクライミングに取り組み、障害のある方々の芸術活動の支援を仕事にしています。

僕はアートを熱心にやるヒトが好き。

バスケットボールが好き。

クライミングが好き。

目の前の笑顔が大好きです。

だからもっと沢山の人が障害の有無を超えて理解しあい、互いのチャレンジを応援しあえる社会を実現したいと思い、この法人を立ち上げました。

 

フォースタートは車いすバスケットボールや講演会を通して、何が障害を生むのか、どうすれば人々の間にある壁を乗り越えられるのかを考えるきっかけを提供します。

 

一般社団法人フォースタートを、応援よろしくお願いします。

Report

ダウンロード
2018年度活動報告書
活動報告書2018.pdf
PDFファイル 705.8 KB
ダウンロード
2018年度決算報告書
決算書2018.pdf
PDFファイル 214.6 KB